ココロも楽しくカラダにやさしいハーブのデザートと季節野菜のランチ アトリエ風戸×cayoco 8月23〜25日

8月23、24、25日はハーブや気候にあわせてカラダを美味しく労るカフェを3日限定でオープンします。

cayocoによる季節野菜とハーブを使ったごはんと、

「カラダにやさしい暮らしを楽しむアトリエ 風戸」を主宰するsayakaさんのデザートプレート。
sayakaさんの見立てでその方に合ったハーブティーも選び、デザートとともに召し上がって頂きます。

sayakaさんの作るハーブのデザートはお砂糖なしや、身体にやさしい工夫がされているのに
物足りなさもなく、食べた後にお腹も満足していて、自然と心がゆるむような感覚があります。
それは、きちんとハーブの持つ個性を生かして、ハーブのこと、食べる方のことを思うやさしい心がエッセンスに入っているから。

そんなやさしいデザートによりそって、夏野菜のごはんをお出しします。

sayakaさんになぜハーブのおやつを作り始めたのか伺いました。
「おいしいお茶と甘いものが大好きな女性は多いですよね。
私もそのひとりです。
でも、カフェインの入った飲み物や、白砂糖、小麦粉、乳製品を使ったお菓子は、ちょっとカラダへの負担が大きいもの。
私自身、ストレスを感じる→甘いものを食べる→肌が荒れる→またストレスを感じる→また甘いもの…
という悪循環にはまっていた時期がありました。
自然食を取り入れて元気になったのをきっかけに、
大好きなお茶と甘いものが、もっとカラダにやさしいもので作れたらいいな…、

昔の私と同じように甘いものとのおつきあいで悩む女性が喜ぶおやつを作れたらいいな…と思ったのが始まりでした。
日々、自分のカラダで実験しながら、たどりついた「私なりのカラダにやさしいおやつ」です。
また、私は様々な不調をハーブに助けてもらっています。
どこか、よそゆき感のあるハーブですが、
もっと身近に、気軽に、日々のごはんやおやつに取り入れてもらえたらいいな、と思っています。
ハーブの力を借りて、カラダにやさしくておいしいデザートタイムを楽しんでいただけたら、うれしいです。
それから、今回、かよこさんとご一緒できるのが本当にうれしくて。
このご縁の幸せを感じながら、かよこさんのやさしいごはんに合うようなお茶とデザートをご用意させていただきます。
お越しくださる皆様にお会いすることを心より楽しみにお待ちしております。」

夏の疲れを癒すようなごはんとデザートで、ゆったりと過ごして頂けたら嬉しいです。
数に限りがありますので、ご予約をおすすめします。

◎予定しているメニュー

 

新生姜とトマトのスープ
コリアンダーと夏野菜のコロッケ
バジルと緑野菜の白和え
野菜のロースト スパイス味噌ぞえ
とうもろこしとズッキーニとディルのピラフ

デザート三種盛り
オリジナルハーブティー

 

 

日時 8月23、24、25日 

    10時〜14時
 ※ハーブティーの見立てとごはん→デザートをお出ししますので時間にゆとりをもってお越し下さい。
  なるべくご予約頂けると有り難いです。

料金 2000円(旬野菜のごはんと3種のデザートプレートとハーブティー付き)

予約・問い合わせ  

 食とセラピー ていねいに、
  teineini.nishiogi@gmail.com
  担当 cayoco

,名前
∀⇒軅
ご予約日と時間
 

 

*プロフィール*
◎デザートとハーブティー担当
 sayaka
 1976年生まれ。東京都出身。
 陶芸教室講師、OLを経験し、自分自身の体調不良から自然食や自然療法に目覚める。
 鍼灸師、メディカルハーブの資格を取得して、「風戸(ふと)」の屋号で活動中。

 自分の元気や幸せを自分で作る楽しさを伝えるため、
 ハーブやツボを使ったセルフケア、ものづくり、カラダにやさしいおやつ教室などのワークショップを行っている。

 好きなもの:本、雑貨、のんびりした時間

◎季節の野菜ごはん担当
 cayoco
 身体を崩した経験をきっかけに、東京療術学院で東洋医学を学び、卒業後は長野の穂高養生園でマクロビオティックを学ぶ。

 2013年4月に「食とセラピーていねいに、」を鍼灸師の福田師とオープンし、ごはん作りとセラピーを担当する。
 この夏にフリーの料理家、セラピストとして独立。

 来年6月にはオンラインショップ「よりそう」より、旅のレシピ本「foodletters」を出版予定。

at 06:41, 福田倫和, ていねいに、について

comments(0), trackbacks(0), -

おかしの化学「卵乳製品なしのクッキー」 〜小麦粉の構成と性質を知る〜

「焼き菓子は材料をきっちり量ること」

よく耳にする言葉ですが、私はきっちり量ることがとても苦手です。

きっとその理由のひとつが、「なぜなのか」が分からなかったからだと思います。

 

昨年の秋頃から、夜ごはんの仕込みを合間を縫って、クッキーを目標に小麦粉の実験を始めました。

色々試してみると、小麦粉も加える素材も

(当たり前だけれども、、!)それぞれお菓子を作る上でとても重要な役割をしていることに気付きました。

その頃から、おかし作りがグッと楽しく、もっと身近なものとなりました。

 

 

「なぜ」が分かることは楽しいです。

現象を想像しながら作ることは、手順ひとつひとつの意味を理解しながら生地に触れていること。

それは「美味しさ」に直接つながることだと思います。

そんな、面白くて深い、ミクロなおかし世界のお話と実験と実践の教室をします。

下記、予定している内容です。

1 小麦粉ってなんだろう ー構成 
  でんぷん
  たんぱく質
2 小麦粉と他の素材が組み合わさったらどんなことが起こるのか ー性質
  小麦粉と水
  小麦粉と油
  小麦粉と豆乳
 (実験あり)
3 様々な配合のクッキーを食べてみる

4 クッキーを作る

 デモンストレーション 
 basicな卵乳製品なしのクッキー
5 クッキーを作る
 実践。1人ずつ配合を決め、それぞれクッキーを作る。
 学んだことを元に食感、味、風味を想像したものを具現化してみる。
6 食べてみる

 


日時   8月27日(日)

      18:30〜21:00 
定員   8名
参加費  4000円
持ちもの  (汚れが気になるようでしたら)エプロン

 

お申し込み方法

  食とセラピー ていねいに、

   teineini.nishiogi@gmail.com 

      担当 横澤

    件名に「おかしの化学教室申込み」等記入し、本文に氏名、連絡先(電話番号)をご記載の上お申し込みお願いします。

 

キャンセルポリシー
 1週間前から会費の50%、3日前から100%のキャンセル料を頂きます。

 仕込みや準備があるためです。ご了承下さい。
 キャンセルされる場合はお早めにご連絡お願い致します。
 

 

お菓子のなぜ、を知りたいかた、
卵乳製品なしのお菓子を作ってみたいかた、
化学が好きなかた、
などなど、
ご参加お待ちしております!

夜ごはん担当
横澤尚子

 

 

at 08:24, 福田倫和, ワークショップのお知らせ

comments(0), trackbacks(0), -

生き方が自由になるヨガWS  〜誰でもいつでも実践できる「心のヨガ」のススメ

オープン当初から、朝ごはん営業の前に毎週一回の朝ヨガをしてくれていたyukariさんが土曜の夜に特別ヨガクラスを行います!
今まで、身体を動かすヨガクラスは開催して来ましたが、yukariさんを迎えてはじめてのヨガのお話会を開催します。

yukariさんの前職が高校教師だった事もあり、ヨガのお話がとても面白いんです。
ヨガの始まりには必ずテーマがあり、そのお話に沿ってヨガが始まる様子は物語を読んでいるかの様です。
そして男性の生徒さんが多いのも理論だてて説明して下さるお話のわかりやすさからかと思います。

今回は「心のヨガ」。
マットも着替えもいりませんのでピンときましたらぜひご参加下さいね。

当日はcayocoの夜ごはんもご用意しますので、ごはんも楽しみにいらしてください。

以下、yukariさんからどんなヨガクラスになるのかお話を伺いました。

_________________________________________

こんにちは!
生き方が自由になるヨガスタジオ@表参道を主宰しておりますyukariです。

わたしがヨガを教え始めた原点である,大好きな「ていねいに,」さんで,

こうしてワークショップを行う機会をいただけること,本当に心から嬉しく思います!

 


さて。

みなさんは,「ヨガ」と聞くと何を思い浮かべますか?

多くの方は,ポーズの練習を思い浮かべるのでは?

でも,このワークショップ,
ポーズの練習しないんですよ(笑)

なのに,紛れもなく「ヨガのワークショップ」なんです。

実は、ポーズはヨガのほんの表層。
別にポーズしなくても,ヨガできます!

事実,歴史的に見ても,ヨガの最大の鍵は,瞑想とヨガ哲学。

「いかに生きるか」
つまり,ヨガ哲学こそ,本当に大切なヨガのプラクティスです。

みなさんも,日々の中で,
仕事したり,家事したり,
いろいろと悩んだり,喜んだり悲しんだりされると思います。

それが,みんなヨガのプラクティスの場なんです。

わたし自身は,少なくてもそう思って日々を生きています。

たとえば,わたしは,今ヨガの先生をしていますが,
その前は11年間,中高の地理の先生をしていました。

この転職について「勇気ありますね〜」とか言われることもあるのですが…
いえいえ,別に,勇気なんか要らなかったんです。
むしろ,ノリで,そう進んで行っただけですから(笑)

でも,その「ノリ」には明確な背骨があります。

それこそが,わたしの人生を180度変えた,力強い「ヨガ哲学」です。

そのとってもシンプルなエッセンスを,
ヨガの大切な古典からの引用や
参加者さん同士のディスカッションを通じて,
めちゃくちゃ分かりやすく,日常生活の中で即活かせる形としてシェアさせていただきます。

また,ワークショップの最後には,短い瞑想も行います。

ヨガや瞑想の経験が全くない方でもご心配なく。
老若男女,どなたでもご参加いただけます。

もしあなたが
日々生きる中で何か行き詰まりや違和感を感じていたり,
いつもなかなか感情を処理しきれなかったり,
自分の人生の中に変化やさらなる自由を望んでいたり,
あるいは,「ポーズ練習じゃないヨガ」になんとなく興味をひかれたり,
週末にかよちゃんのごはんが食べたかったり(笑)したら,
どうぞお気軽にいらしてください。

みなさんとともにヨガを学び合い,かよちゃんのおいしいごはんをいただく幸せな夏の一夜を,心から楽しみにしております♪

_____________________________________________

日時  8月5日(土) 

     18時15分〜20時45分(20時〜お食事)
参加費  5000円(夜ごはん付き)
     ※材料準備等の都合により3日前よりキャンセル料1500円ご負担頂きます。

申込・問い合わせ
 食とセラピーていねいに、
   teineini.nishiogi@gmail.com
   担当 cayoco

お申し込みのメールに以下の内容をご記入下さい。
件名を「ヨガワークショップ」とし
・お名前
・連絡先(携帯電話番号とメールアドレス)
・ワークショップへの要望など。あれば。

プロフィール

yukari 
生き方が自由になるヨガスタジオnida@表参道を主宰。
studio yoggyでもレギュラークラスを担当(インストラクター名 ユカリン)。
Yoga Alliance RYT500,E-RYT200
Anusara Elements™teacher

文化人類学を専攻し、東京大学大学院修士課程を修了後、11年間私立中学高校一貫校にて教職に従事。
2010年より、学校勤務の傍ら、studio yoggyでヨガを学び始める。
2011年以降、アヌサラ®ヨガを中心に学び,studio yoggyにて多くのトレーニングを修了。
2013〜2016年まで,ていねいに,にて朝ヨガを教える。
2014年春に教職を退職後,海外に活動を広げ、現在までにバリ島とタイにて3つのティーチャートレーニングを修了。
同年9月より、表参道にてnidaを主宰。
毎年海外で学び、ヨガクラスや各種ワークショップを実施し、海外講師の招聘、通訳にも取り組む一方、アーユルヴェーダセラピーも含めた個別セッションも行う。

http://www.nidayoga.com/

 


 

 

料理家 セラピスト cayoco
身体を崩した経験をきっかけに、東京療術学院で東洋医学を学び、卒業後は長野の穂高養生園でマクロビオティックを学ぶ。2013年4月に「食とセラピーていねいに、」を鍼灸師の福田氏とオープンし、ごはん作りとセラピーを担当する。
この夏にフリーの料理家、セラピストとして独立。来年6月にはオンラインショップ「よりそう」より、旅のレシピ本「foodletters」を出版予定。
https://mobile.twitter.com/cayoco_udon?p=i

at 08:44, 福田倫和, ワークショップのお知らせ

comments(0), trackbacks(0), -

生春巻きとスイートチリソースを作る会 キャンセル待ち受付中

6月に開催した「生春巻きとスイートチリソースを作る会」を8月にもう一度開催いたします!

その後は葉野菜の旬が終わっていくのでしばらくお休みにしますので、

気になる方はぜひご参加くださいね。

 

やさいをたっぷり食べられる生春巻きを作る教室を開きます。

この教室では、旬の野菜、お肉やおさかな、ベジ仕様のものまで、

色々な具材をずらっとカウンターに並べ、お好きな組み合わせでたくさん巻いていただきます。

果物や甘味の食材も集め、デザート生春巻きも巻こうと思います。

生春巻きの難しいところは何と言っても「巻き」です。
「巻き」のところを丁寧にお教えしたいな、と思っています。
しっかり巻けると、同じ食材でも美味しさがぐん!と増します。
また、エビやサーモン、輪切りの野菜などを用いた生春巻きの「顔」(*)となる部分を
きれいに見せるための巻く前の具材の置き方や巻き方のコツもお伝えしていきます。

 

(*)写真のなかのベビーリーフやきゅうりように飾り付けた

         表面の部分を「顔」と呼んでいました。

講師は、松原はるかさんと夜ごはん担当の横澤尚子です。
私たちは、RF1や神戸コロッケなど様々な惣菜ブランドを立ち上げている株式会社ロック・フィールドの元社員の同期です。

お互いに「はるまき部署」を経験しています。

この部署では、全国にお届けする総本数1000本以上のまきもの(生春巻き、ライスロール、揚げ春巻き、ラップロール)をすべて人による手巻きで作っています。

 

もちろん今回の生春巻きはオリジナルですが、その現場にいた経験を活かして、

ペーパーの戻し方や巻き方のコツ、食材の組み合わせなど、体験して頂きながらお伝えできたらと思っております。
また、生春巻きの代表的なソース、スイートチリソースも作ります◎
おうちで手軽に作れたら、いいですよね。

以下、現在予定している教室の流れです。
1. 生春巻きについて
2. デモンストレーション
3. 実践
 〇生春巻き(初めに巻き方を見ていただき、あとはみなさんに具材を自由に選びながら巻いていただきます)
 〇スイートチリソース(ベジ使用、ノンベジ使用)
4. 実食
5. 今回以外の春巻きの紹介
6. 質問など

日時  8月19日(土) 18:30〜21:00
会費  4000円
持ち物 (汚れが気になるようでしたら)エプロン、お手拭、(余ったとき用に)タッパー

 

予約・問い合わせ  

 食とセラピー ていねいに、
  teineini.nishiogi@gmail.com 
    担当 横澤
 件名に「生春巻きを作る会」等記入し、本文に氏名、連絡先(電話番号)をご記載の上お申し込みお願いします。
 *キャンセルポリシー 1週間前50%、3日前100%の費用を頂きます。仕入れ等の都合があるため、ご了承ください。

 

※満席となりました。キャンセル待ちを受けつけています。

 

ていねいに、夜ごはん
横澤尚子

 

 

 

at 11:32, 福田倫和, ワークショップのお知らせ

comments(0), trackbacks(0), -

自然のとびっきりのご馳走カフェ 8月16〜18日

8月16、17、18日のランチタイムに、料理家の森本桃世さんとcayocoによるコラボカフェを3日間限定でオープンします!
テーマは「自然のとっびきりのご馳走」。

森本桃世さんは、ひと家族のごはん作りからイベントの出張料理、発酵料理から野草、ジビエと幅広くおいしい料理を作り

「みんなのおかあさん」の屋号で沢山の方から親しまれている料理家です。
前職はパティシエをされていた事もあり、スイーツの腕も絶品!

美味しい食をとびっきりの笑顔で振る舞います。

今回のメインになる食材は「イノシシ」

「イノシシ」というと、食べる機会がなかったり、匂いなどから苦手とされる方も多いかと思います。
しかし、岡山県美作の罠猟師、あつたやさんの「イノシシ」を頂いてから、私の意識が変わりました。
臭みがまったくなく、その甘い味から、きっと心を尽くして、ていねいに、扱われた命なんだなあと感じる様な美味しさでした。
あつたやさんもとっびっきりの笑顔の持ち主!

情熱的でまじめな仕事の意識に私達は心を揺さぶられずにいれませんでした。

このあつたやさんの美味しい「イノシシ」と心を届けたいなあ、

そんな話から、沢山の方に楽しんでもらえるランチを振る舞う事になりました。

あつたやさんの罠猟とは山の中の獣道をひたすら歩き、いつどちらから猪が通っても必ず足を置く、

という場所に丁寧に罠を掛ける方法で猪を捕まえます。

銃ではなく、命を見届けることに自ら手を入れることが、心が入り美味しく頂けるお肉に変わるのかもしれません。
人間が一切食べ物を与えずとも、抗生物質を投与しなくとも、

野性にたくましく生きるイノシシを食べる機会は都会に住んでいると中々ないかもしれません。
野生のエネルギーあふれる、あつたやさんのイノシシをいただくことで自然の恵みを感じたり、

食べ物を頂く喜びの時間にしてもらえたら嬉しいです。
心と情熱あふれる料理家の2人とあつたやさんの、3人の心が重なる、

楽しくて、とびっきりのご馳走をお出ししますので、ぜひ体感してくださいね。
 

 

「自然のとびっきりのご馳走カフェ」

 

日時 8月16、17、18日 

    10時〜13時半ラストオーダー

予定しているメニュー
◎あつたやさんのイノシシと夏野菜たっぷりランチ 1500円(予定)
◎桃世さんのスイーツ 1〜2品

☆数に限りがありますので、ご予約も承ります。
申込・問い合わせ
 食とセラピーていねいに、
   teineini.nishiogi@gmail.com
   担当 cayoco

お申し込みのメールに以下の内容をご記入下さい。
件名を「コラボカフェ予約」として
・お名前
・連絡先(携帯電話番号とメールアドレス)


みんなのおかあさん 森本桃世
 パティシエを10年勤務後、オーガニックレストランをシェフ兼運営。

 2017よりフリーランスとして食卓づくりのお手伝い「みんなのおかあさん」として、主張料理をはじめる。

 身体にしみ込む料理をコンセプトに発酵料理やジビエ薬草料理などのケータリング、ワークショップなども行う。
 https://m.facebook.com/momoyo.morimoto.7

 

あつたや 熱田安武
 愛知県出身・高知大学院 修士課程修了
 幼少の頃より父の影響を受け、蜂獲りに狩猟、ウナギ漁に自然薯掘りといった野山をフィールドとして英才教育を受ける。

 現在は岡山県美作市の里山を拠点に、巡る季節のなか自然に真剣に遊んでもらうことを何よりの楽しみとしている。
 http://atsutaya.com/

 

料理家 cayoco
 身体を崩した経験をきっかけに、東京療術学院で東洋医学を学び、卒業後は長野の穂高養生園でマクロビオティックを学ぶ。
 2013年4月に「食とセラピーていねいに、」を鍼灸師の福田氏とオープンし、ごはん作りとセラピーを担当する。
 この夏8月にフリーの料理家、セラピストとして独立。
 来年6月にはオンラインショップ「よりそう」より、旅のレシピ本「foodletters」を出版予定。
 https://mobile.twitter.com/cayoco_udon

at 08:24, 福田倫和, ていねいに、について

comments(0), trackbacks(0), -

レシピのないお料理ワークショップ

今回のテーマは『よく会うヒト、決まった季節に会うヒト』
年中手に入りやすいお野菜や夏野菜の定番を使って、おもてなしや日々の献立に役立つお料理を作ります。
第4回目はフランス料理をベースに活躍する司厨士、神田さと子さんを講師にお招きして簡単に作れるフレンチを教えて頂きます。

神田さんの肩書、司厨士とはあまり聞き慣れませんが、船のキッチンの部署を司厨部というそうです。
長い船旅の船の中で、働く人を支えるあたたかい食事を作ってきた神田さんのごはんやお菓子は、力強くて繊細。

食べる人の事を思う心がスパイスにはいっているやさしくて食べごたえのあるお料理を作られています。

教えて頂くのは、季節のガレット・キャロットラペ・焼きとうもろこしのスープです。
ガレットとはそば粉のクレープのことで、食事やおやつにもでき、基本を覚えれば季節の野菜でいつでも楽しめます。
定番のキャロット・ラペは、作りたい時にサッと作れる、フランス伝統のお惣菜。
そのままでも、パンに挟んでサンドイッチにしても、一年中いつでも楽しめます。
また焼きとうもろこしのスープは、夏にこそ美味しくいただけるとうもろこしを

日本の縁日で定番の「焼きとうもろこし」にしてからスープにする方法で、
日本の懐かしい縁日やお祭りの味をフランス料理風に、ステキにスープに変身。

冷やしても温めても、おもてなしにも大抜擢の一品。

 

cayocoのデモンストレーションでは、こちらもフランス家庭料理の定番、お豆腐のキッシュをベジ使用で作ります。
定番メニューにフレンチのエッセンスを取り入れて日々のごはんを、より鮮やかに楽しめる方法が学べますよ。



日時  8月29日(火)

     10:00〜13:00
参加費 4500円(講習、ランチ付き)
申込・問い合わせ
 食とセラピーていねいに、
   teineini.nishiogi@gmail.com
   担当 cayoco

お申し込みのメールに以下の内容をご記入下さい。
件名を「レシピのないお料理教室ぁ廚箸
・お名前
・連絡先(携帯電話番号とメールアドレス)
・お料理のお悩みやワークショップへの要望など。あれば。


講師プロフィール

司厨士 神田さと子
 海と船が大好き!食べる事も大好き!がゆえに、海の側で、時には海の上で、主にフランス料理のお店で料理の仕事に携わって来ました。
 現在は3歳の男児双子との日々の生活の中で、もっぱら料理研究中。
 趣味はお菓子作り♡とInstagram♡
 https://www.instagram.com/salutsatoco/?hl=ja

料理家 cayoco
 身体を崩した経験をきっかけに、東京療術学院で東洋医学を学び、卒業後は長野の穂高養生園でマクロビオティックを学ぶ。
 2013年4月に「食とセラピーていねいに、」を鍼灸師の福田氏とオープンし、ごはん作りとセラピーを担当する。

 この夏8月にフリーの料理家、セラピストとして独立。
 来年6月にはオンラインショップ「よりそう」より、旅のレシピ本「foodletters」を出版予定。
 https://mobile.twitter.com/cayoco_udon

at 08:59, 福田倫和, ワークショップのお知らせ

comments(0), trackbacks(0), -

化学料理教室「みどりの化学」〜みどりを鮮やかに調理する〜 キャンセル待ち受付中

春に開催した「みどりの化学」。

2回の講座を1回にまとめてまた新しく始めます。

 

9月以降は緑色の野菜が減っていくので、9月のこの回を最後に来年の春までお休みしようと考えています。

気になる方はこの回にご参加くださいね。 

 

化学の面白さは、「ミクロの世界が覗けること」だと思います。

普段起こっていること、料理で言えば、色が変わった、柔らかくなった、焦げてしまった、、など

なかなかその理由は分からないものです。

 

経験的に学ぶことも大切ですが、「中で何が起こっているか」を理解することは、

もっともっと料理の幅を広げてくれるものだと思います。

それは、料理をする前にどう変化するのか、予測が立てられ、

「こうしたい」(例えば食感を柔らかくしたい、色良くしたいなど)を実践しやすくなるからです。

 

料理をもっと面白く、たのしく。そんな手助けになれたら、と思います。

こんな方にオススメです。
○料理で何が起こっているか知りたい
○料理を学問的にも学びたい
○料理の予測を立てられるようになりたい(例えば野菜が加熱することでどう変化するか、など)
などなど

今回のテーマは、野菜の「みどり」色素についてです。

サブテーマは、「みどりを鮮やかに調理する」

 

みどりとは何か、何が起こっているのか、お話し、実験を観察することで体感的に学び、その後実践します。

 

 

 

座学では、
テキストをお渡しし、それを見ながらお話をしていきます。

内容は、テーマを絞り、またイラストを加え、初めて話を聞く方でも、分かりやすく丁寧にお伝えします。

実践では、
みどりの野菜をメインとして、様々な色の野菜と組み合わせ、

やさいごはんのワンプレートをそれぞれに作っていきます。

 

下記が現在予定している内容です。

 

 1 座学
  ,澆匹蠅箸
  ⊃紊箸
  1の役割
  げ硬戞pHでの色の変化
  ネ諭垢幣魴錣任凌Г諒儔宗比較
  Δ海譴鯑Г泙┐督翰で大切にしているポイント
 2 実践
  みどり野菜とほかの色の野菜を組み合わせたワンプレートをつくる。
 3 食事


 

開催日時 8月6日(日)

      18:30〜21:00

参加費  各回 4000円

定員   7名

 

申込・問い合わせ

 食とセラピー ていねいに、

  090-3452-3354

      teineini.nishiogi@gmail.com

       担当 横澤

 

※満席となりました。キャンセル待ちを受け付けています。

 

参加をご希望の方は、お名前・連絡先(電話番号)・希望の参加日程をお知らせください。

キャンセルポリシー 1週間前から参加費の50%、 3日前から100%のキャンセル料が発生します。

仕入れやその他準備があるためです。ご了承下さい。

 


ていねいに、夜ごはん担当
横澤尚子
 東京農工大学大学院 応用化学専攻卒業後、某惣菜メーカーの工場での現場管理職を務める。

 その後、ていねいに、夜ごはん担当となり、現在に至る。

 

at 08:46, 福田倫和, ワークショップのお知らせ

comments(0), trackbacks(0), -

レシピのないお料理ワークショップと井上さんのお話会

前回ご好評頂きました西荻窪haru.の小野寺美香さんのお料理ワークショップ第2回目を開催します。
料理をする上で大切な食材の野菜を、群馬県前橋で育てている井上さんをお招きして、

料理のデモンストレーションと井上さんのお話会を行います。

レシピのないお料理ワークショップでは、講師の方に、いつものように料理を作って頂きます。
作っているときの「ちょっとした何か」を感じてお料理がたのしくなるポイントをみつけてみませんか?

今回は真夏に定番で作れそうな食欲そそる夏野菜レシピを教えて頂きます。
小野寺さんの作るごはんやお惣菜は、お酒にもあうことはもちろん、ほっとするような美味しさがあります。
食べる側がそれぞれに、懐かしさや新しさを感じるお惣菜は、若い方からお年寄りまで、評判の味です。

そして井上さんの奥様、榮子さんにも基本の「ポテトサラダ」を教えて頂きます。
榮子さんのごはんを、農園を訪問したときにいただきましたが、次から次へと美味しいお料理が出て来て、

採りたて山菜やお野菜の天ぷらも煮物もプロ並み!

 

自家製保存食もたっぷりいただいて、私達はお腹いっぱい〜と良いながらも食べ尽くしたのですが、
井上さんご夫妻のあたたかくて、誰でもどうぞ〜と受け入れてくれる様なお人柄が、

おもてなしのごはんに入っていてほんとうに、ほんとうにどれも美味しかった記憶が忘れられません。

そんな榮子さんのやさしい手から出来上がるお料理をぜひ皆様に味わって頂きたいです。
 

 

井上さんには「生き物にやさしい野菜づくりをめざして」をテーマにお話頂きます。
小野寺さんは井上さんのお野菜について、こう答えて下さいました。
「農薬を使用しない「人にも環境にも優しい」お野菜作りに取り組まれている井上ご夫妻。
私も何度か井上さんの畑に足を運び、どのように野菜が育てられているのか拝見させていただきましたが、

ご夫妻の手により手間暇掛けて育てられた野菜たちは元気にのびのびとしていて、

その周りにはとても気持ちの良い澄んだ空気が流れていました。
そんな井上さんが手間隙掛け愛情を込めて育った元気なお野菜はとても美味しく、「野菜本来の味」をしっかり感じられます!」

当日は、そんな美味しくて元気な井上さんのお野菜販売も予定しています。
井上さんのお野菜を使ったごはん作りも楽しんでくださいね。

8月の暑い日の開催になりますが、夏野菜たっぷりのごはんと楽しいお話で、元気に過ごして頂く時間となりましたら嬉しいです。

畑をやってみたいなあという方、haru.さんが大好きな方、レシピなしでもお料理作ってみたいなという方、ぜひお気軽にご参加下さい。

 


◎予定している献立
・ネバネバ野菜を使ったさっぱり和え麺(haru.さん)
・豆腐と野菜の落とし揚げ(haru.さん)
・ポテトサラダ(榮子さん)
・他ランチには副菜2品(cayoco)もご用意します。


日時  8月11日(祝)
     10:00〜13:00
参加費 4800円 (講習、お話会、ランチ付き)
     ※材料準備等の都合により3日前以降よりキャンセル料全額ご負担頂きます。

申込・問い合わせ
 食とセラピーていねいに、
   teineini.nishiogi@gmail.com
   担当 cayoco

お申し込みのメールに以下の内容をご記入下さい。
件名を「レシピのないお料理教室」とし
・お名前
・連絡先(携帯電話番号とメールアドレス)
・お料理のお悩みやワークショップへの要望など。あれば。


<haru.小野寺美香さん>
 西荻窪にて2012年10月に〜お野菜を中心としたお酒にもあうお惣菜のお店〜「haru.」をオープン。
 お惣菜は全て手作りで、定番のだし巻き玉子をはじめ、
 季節のお野菜をたっぷり使ったお惣菜を日替わりで5〜6種類販売しています。

 

 haru.

  営業 火・水・金・土(祝日不定休)
      12:00〜19:00(土曜日のみ18:00)

  場所 西荻南3-19-13八重コーポ1階
  HP  http://haruosozai.wixsite.com/haru

<井上さん>
井上さんは大学で長年、脳とホルモンの研究を行ってきました。この間、我が国の里山の自然が急速に失われていることに危機感を持ったようです。このため、大学を退職後は人にも生物にも優しい農業を推進する取り組みを進めておられます。

<料理家 cayoco>
身体を崩した経験をきっかけに、東京療術学院で東洋医学を学び、卒業後は長野の穂高養生園でマクロビオティックを学ぶ。

2013年4月に「食とセラピーていねいに、」を鍼灸師の福田氏とオープンし、ごはん作りとセラピーを担当する。
この夏8月にフリーの料理家、セラピストとして独立。

来年6月にはオンラインショップ「よりそう」より、旅のレシピ本「foodletters」を出版予定。

at 07:58, 福田倫和, ワークショップのお知らせ

comments(0), trackbacks(0), -

誰でもできるタイ式マッサージワークショップ 第4回と5回のお知らせ

身近にいる人が不調になったとき、手伝ってあげたいけれど、
どうしてあげたらいいのかなと思った事はありませんか?

誰にでも自然治癒力があり、身体を摩ってあげるだけでも、高めてあげることができます。
少しでもマッサージのポイントを知っていたら、相手も自分も心が楽になるかもしれません。

今回は、平日朝昼ごはん担当のcayocoがタイ式マッサージの観点から家族やお友達を癒す方法をお伝えします。

第4回目は「脚の疲れとむくみ」に効くストレッチのかけ方や指圧の基本の押し方です。ストレッチで脚の血行を良くして指圧でほぐしていきます。
第5回目は「肩こり」に効くストレッチと指圧の方法。リピーターの方からリクエストがあった為、第1回目と同じ内容で行います。

タイ式マッサージの良いところは施術者も疲れず、ストレッチをする側もストレッチが出来ることで、2人で行うヨガとも言われています。
自分自身の健康も整えて相手の身体もケアできたらいいですよね。

旬の野菜を使った温かいスープを囲んで、自分自身の身体を温めて、ホッとしてから始めます。
難しい言葉は使いません。
マッサージが初めての方でも、楽しく覚えて頂けるタイ式マッサージのワークショップです。



日時  7月15日(土)18:30〜20:30 「脚の疲れとむくみ」 
    8月20日(日)18:30〜20:30 「肩こり」
料金   3000円(講習代・スープ付き)
持ち物  手ぬぐいか、手ぬぐいサイズのタオル、動きやすい服装
定員   8名
※基本的に2人1組で行いますが、お一人でお越しいただいても大丈夫です。

申込・問い合わせ
 食とセラピー ていねいに、
  090-3452-3354
    teineini.nishiogi@gmail.com
   担当 cayoco
   ※メールでの申込の際は、お名前・電話番号・参加希望日、このワークショップに期待する事、をお書きください。


cayocoプロフィール
 ていねいに、の平日朝昼ごはんと週末ゆるタイマッサージとリフレクソロジーを担当。
 病気をした事をきっかけに東洋医学、マッサージの勉強をし東療術協会認定のセラピスト取得。

 その後、マッサージサロンで働き人材育成や運営を勉強する。
 ロンドン留学の際に出張マッサージで様々な人種の骨格を触る事を勉強したり、
 タイのチェンマイでタイ文部省認定タイ古式ライセンス取得する。

at 06:41, 福田倫和, ワークショップのお知らせ

comments(0), trackbacks(0), -

平日の朝昼ごはん担当cayocoが「ていねいに、」を卒業します。

4年前の開店から、平日のごはんを担当してくれているcayocoが、

7月20日をもって朝と昼のごはんの営業を終了します。

 

なお、下記にもある通り、8月中はcayocoによるお昼のカフェを営業します。

 

また9月以降は、現在土曜日担当のippo食堂が平日のお昼も営業します。

営業日や時間など詳細は、追ってお知らせいたします。

 

 

********************************************

 

平日朝昼ごはんと週末のセラピーを担当させて頂いていますcayocoです。
7月20日をもちまして、ていねいに、の朝昼ごはんの営業を卒業することとなりました。

これまで、やさしく温かく支えて下さったお客様のおかげで
ていねいに、オープン前の、西荻北口にある「かがやき亭の夜ごはん」営業からさかのぼると、

約5年間無事に営業させて頂きました。

今後はフリーの料理家、セラピストとして活動していきます。
医療や、介護の現場での食事提供のお手伝いや、お料理教室。
旅のレシピ本「food letters」も来年6月出版に向けて制作中です。

様々な場所で皆様にお会い出来ます事を楽しみにしています。


こうして新たな道を歩めますのも、今まで温かく見守って下さったお客さん、

西荻で仲良くして下さった店主の皆様、イベントでお仕事をご一緒させて下さった皆様、

ていねいに、スタッフのおかげです。

本当にありがとうございます。

残りわずかとなりますが、最後まで心を込めてお料理、セラピーと提供させていただきますのでどうぞよろしくお願い致します。

cayoco

 

※なお8月の平日お昼の時間はイベントとしてお食事を作ります。

 8月2、3、4日

  旅の食堂「food letters 」小豆島の旅のお土産ごはんをお出しします。

 8月16、17、18日

  料理家の森本桃世さんと、新鮮で珍しい食材を使ったコラボカフェ。

 8月23、24、25日

 「風戸」さんと旬の野菜とハーブを使ったハーブのコラボカフェ。

 

at 09:16, 福田倫和, ていねいに、について

comments(1), trackbacks(0), -